Menu

トラックドライバーの職種や業務内容にこだわって求人を探そう!

大型ドライバーは採用時に大型免許が求められることも

運送会社の大型ドライバーの求人に応募をする場合には、大型免許の取得が条件となることがあり、乗務経験が長い人や違反歴が無い人が好まれる傾向が見られます。上場企業など大手の運送会社の中には、20代や30代の未経験者のドライバーを社内で養成するため、免許の有無にかかわらずやる気次第で採用をしているところも少なくありません。また、大型ドライバーは、他の職種のドライバーと比べて業務の範囲が広いことや、勤務時間が不規則なことなどから高収入を得やすいといったメリットがあります。そのため、トラックドライバーとして安定した収入を得たい人は、将来性のある運送会社の大型ドライバー求人を優先的に探すことがおすすめです。

地域限定ドライバーは中型免許があれば働けることも

街中の小規模の運送会社や物流会社などに勤務する地域限定ドライバーは、大型トラックなどを運転する機会が少なく、中型免許さえあればすぐに働けるところが目立ちます。また、定年退職者や主婦などが活躍できるよう、正社員の他にパートや契約社員として働ける環境を整えている会社もあります。地域限定ドライバーは、大型ドライバーとは異なり個人宅を訪問する機会が多くなるため、運転のスキルだけでなくコミュニケーションスキルを持つ人が重宝されることがあります。なお、仕事上で主に扱う荷物の内容や労働時間の長さによっては、ある程度の体力が必要となることもあるため、採用面接の時に具体的な仕事内容について話を聞くことが重要です。

トラックドライバーの求人は様々な種類があり、大型自動車免許が必要な仕事もあれば、普通自動車免許で勤務可能な求人もあります。

トラックドライバーの転職について
トラック運転手の募集で探す