Menu

ドライバー求人を見るときはここをチェック

まずは大手企業かどうかを確認

長距離や中距離ドライバーになるためには、運送会社の求人を探すことになりますが、まずは大手企業かどうかをチェックしながら探すようにしましょう。テレビのコマーシャルを放送しているような運送会社や、通販などを利用したときによく荷物を届けてくれる運送会社などは大手運送会社だと考えて間違いないでしょう。大手運送会社は、安定して仕事を供給してくれるというメリットと、倒産の心配をしなくて済むというメリットがあります。大手運送会社の求人を探すには、最初から求人サイトを検索するよりも、検索エンジンで大手運送会社の社名を入力し、続けて「求人」という単語を入力して検索したほうが求人広告に早くたどり着きます。

勤務時間などの条件を必ず確認

検索エンジンを利用して求人広告を探すと、たくさんの検索結果が表示されますが、ここでひとつ注意点があります。検索でヒットする求人広告は、探している大手運送会社以外に提携会社が出している求人広告もヒットします。そしてすべての求人広告が同じ勤務条件というわけではありません。特に「勤務時間」には注意が必要です。ドライバーの業務というのは道路が混んでいたとき、取引先の突然の都合などによって勤務時間が大幅に変動します。記載されている通りの勤務時間にならないことも多いでしょう。業務の内容も併せて確認し、勤務時間を多少オーバーしたとしても負担なく続けることができそうな仕事内容になっているかどうかをチェックするのが、良い運送会社を見つけるためのコツです。

通信販売需要拡大などでドライバーの求人は日々増えています。免許を持っていれば即戦力になるので若い人にも年配の方にも人気です。

ドライバーの募集で見つける
運転手の求人で探す