Menu

派遣の運転手とは?どのような業務があるかを知っておこう!

運転手の仕事はレベルが高い

派遣の仕事の一つとしてしばしば注目されているのが運転手です。運転といっても色々な車の運転があるので仕事の内容は多岐にわたっていますが、派遣で人材が募集されているときにはかなり要求されるレベルが高いので注意しましょう。企業としてはアルバイトを雇うこともでき、派遣に比べたら安い費用で雇えるメリットがあります。ただ、アルバイトの場合にはスキル的にかなりばらつきがあり、即戦力となるような人材を獲得できない場合が多いのが問題点です。派遣では想定する時給や必要とするレベルに合わせた人材を選定してもらえるというメリットがあります。そのメリットの中でも特に戦力になることを重視した求人が多くなっているのが実態です。

業務例を知っておこう

派遣で運転手の仕事をしたいと思った人は業務例を知っておくと役に立ちます。典型例として知られているのがVIPの送迎を担当する運転手です。代表取締役などの専属運転手の場合には正社員を雇用して担当させることが多いですが、外部のVIPを担当する運転手は長期雇用をする必要があまりないので派遣社員から確保されていることがよくあります。適格者を見つけて採用するまでのつなぎとして派遣されることも多く、その場合には半年から一年くらいの契約になるのが一般的です。別の例としては工事現場などでの臨時に必要になった大型特殊や大型トラックの運転手があります。免許を持っている人がそもそも少ないので派遣で速やかに獲得する事例が多いのが特徴です。

運転手の派遣は、正規雇用とは違って勤務をする時間帯や曜日を選びやすいことや、経験が少ない人も採用されやすいといったメリットがあります。

役員運転手の派遣で調べる