Menu

外資系企業の魅力って何?特徴的な働き方を解説

外資系企業の雰囲気って?

外資系企業と一言で言っても、日本でよく見るパターンはふたつあります。

それは、アメリカ系企業か欧州系企業かという違いです。

外資系企業というと実力主義というイメージが強いかもしれませんが、主にそのイメージはアメリカ系企業からきているのではないでしょうか。アメリカ系企業は実力主義・成果主義の方針を打ち出している会社が多く、実力のある人にはどれだけ若くてもその実力に見合った報酬やポジションを用意してくれます。自分の実力やキャリアを磨きたい人にとってはとても魅力的ですね。

一方、欧州系企業の場合はワーク・ライフバランスを徹底している会社が多いイメージです。在宅勤務だったり、長期連休取得の推奨だったりと様々な制度が充実していることが多いので、フレキシブルな働き方をしたい人には理想的な環境と言えます。

外資系企業で働くメリットやデメリットは?

メリットは、やはり給料水準の高さ。一般的な日系企業よりも高い傾向があります。何よりも様々な価値観を持つ世界中から集まった人たちと一緒に働けるのはとても魅力的。一方、もちろんデメリットもあります。企業によっては、業績によっては日本撤退を決断する場合もありますし、そもそも日本的な終身雇用という発想はありません。ずっと同じところで働きたいと望む人には難しいかもしれません。

外資系企業で働くには?

やはり語学力は必要です。英語力を証明できる試験を受けておくことをお勧めします。また、面接等では日本企業以上に、しっかりと自分の言葉で自分の能力をアピールすることができる人材が好まれます。どんな会社があるのかなど、詳しく調べたい場合は、外資に強い転職サイトなどもありますので、そこを利用するのもお勧めです。

外資系の企業では英語の言語能力が必要です。外資系求人に応募する際にはTOEICはほぼ必須ですので注意してください。