Menu

管理職に転職したい?必要な条件と方法を知っておこう!

管理職の求人は増えてきている

企業では優秀な管理職を社内で育てる傾向が強かったものの、近年では外部からヘッドハンティングするケースや求人を出して募集するケースが目立つようになってきました。正確に言えば管理職候補としての募集が大半を占めていて、数ヶ月間の様子見を経て管理職に昇格するという仕組みになっています。主任クラスや係長クラスの管理職の募集は昔からあったのは確かですが、最近では部長クラスやプロジェクトマネージャークラスの人材の求人も見かけられるようになりました。ただ、そのクラスの管理職を経験しているか、そのワンランク下の管理職で成果を上げていることが条件として挙げられていることが多く、狭き門となっているのが実態です。

管理職に転職する合理的な方法

今まで管理職だった人の場合には、同じクラスの管理職への転職はそれほど難しくはありません。同業種、同職種であれば歓迎してくれることも多いでしょう。しかし、管理職経験がない人の場合には困難なので、せめてグループリーダーや主任くらいは経験することが必要です。その上で転職エージェントを利用して求人を紹介してもらうのが合理的な方法です。特にハイクラス向けに特化している転職エージェントを利用すると、企業から特別に紹介を依頼されている非公開求人を提示してもらえることがよくあります。能力や適性、興味関心などを総合的に考慮して適切な求人を選定してもらえるので、転職後にも管理職として手腕を振るうことができるでしょう。

ネットワークエンジニアとは、ネットワーク環境の運用や管理などを行う仕事のことです。コンピューターを使って業務をする企業には欠かせない職業です。

ネットワークエンジニアへの転職の更新情報
ネットワークエンジニアの求人の他の記事