Menu

CADのエンジニアとして就職をする時に確認すべき点

業務で使用するソフトの種類や必要なスキルを調べよう

CADのエンジニアは、大手メーカーや設計事務所、工務店など色々な現場で活躍が期待されています。そうした状況の中、就職後に不満なくエンジニアとして働くうえで、志望企業の就職説明会に参加をしたり、採用パンフレットに目を通したりして仕事上で主に扱うソフトの種類について調べておくことが大切です。特に、精巧な製品の開発をメインに行っている現場においては、扱いが難しいCADのソフトの操作が必要となることもあります。そこで、就職後に無理なく働き続けるには、自分のスキルに合うところを就職先の候補に選ぶことが大切です。なお、CADの専門スキルに自信が無い人は、求職中に入社後に専門的な研修を受けられるところや、面倒見の良い先輩社員が基本的なソフトの使い方について指導をしてくれるところを探してみましょう。

各社のエンジニアの給与モデルに注目しよう

CADのエンジニアの待遇は、各企業の業績や現場内での業務の難易度、役職などによって大きな違いがあります。そこで、エンジニアのキャリアが豊富な人や社会的に評価が高い資格や検定を持っている人は、求人選びの際に優良企業のエンジニアの給与モデルに注目をして、満足のいく条件で働けそうなところをピックアップするのがおすすめです。また、中途採用でCADのエンジニアのリーダーとして就職をする場合には、勤務先によって給料に大きな差が出やすいため、妥協せずに職場を決めることが肝心です。その他、将来的に責任のあるポジションに就きたい人は、企業ごとの一般のCADのエンジニアから管理職になるための基準に目を向けることも大切です。

CADオペレーターとして働くためには、CAD利用技術者試験などの資格を必要とする求人が多いです。しかし、就職してから技術の取得をサポートしてくれる企業も多いので、未経験の人でも応募できる求人はあります。

オフィシャルサイト