Menu

高齢者にも人気がある警備員のアルバイトに注目!

警備員になるには一定期間の研修を受けてから

年末近くになると、街のあちこちで道路工事が始まります。きっと正月までにきれいな道にして、みんなにスッキリした気持ちで新しい年を迎えさせようと役所が気をきかせているんだろうと思いきや、じつはそうではありません。年内に何とか工事の予算を使いきって、来年も同じような予算を通したがっている役所のやり方であることは、今ではだれもが知っています。そんな道路工事の現場には、多くの警備員の人たちが道路に立って通行人や通行車両を誘導しています。その警備員の人たちは、よく見るとかなり年配の人たちです。交通警備の仕事というと、ほぼ外でやることになるので辛いはずです。どうして、そんな仕事を選ぶのでしょう。警備員になるには、数日間研修を受けなければならないとのことで、面倒くさいと思う人若い人にもいるようなのです。アルバイトであっても、きちんと警備についての知識や現場での実践力を身に付ける必要があるので、ある程度時間がかかるのは覚悟しなければなりません。

街中で人の力になれる魅力的な仕事

警備員の仕事はさまざまな分野に及んでいます。道路工事の現場に立って通行人や通行車両を誘導することもあれば、ビルの入り口などにいて、不審者の侵入がないように見張る施設警備の仕事などもあります。さらには、夏の花火大会やコンサートなどイベント警備もあります。警備の仕事は、警察の仕事と違い、あくまで誘導の仕事であり権威を降りかざすようなものではありません。そのため、かえって気軽に声をかけられることが多く、たいへん触れ合いの多い仕事なのだとか。街中で、一般の人の力になることができることが多いというところも高齢者年に人気の仕事になっている理由のようです。

警備員のバイトは、雑踏警備や施設警備、交通誘導など、自分の適性や能力に応じて仕事場を選ぶことができます。

警備員の求人の詳細