Menu

保育のプロの保育士って、どんな仕事をしているの?

男性の保育士も増えています

保育士は児童福祉法によって定められた国家資格です。この資格は、国の指定する保育士養成校を卒業するか、または、国が実施する保育士試験に合格すると取得できます。一度資格を取れば一生有効なので、結婚や出産などさまざまな事情で一旦仕事を辞めたとしても、また復帰することが可能です。女性の職業というイメージが強いですが、もちろん男性も保育士資格を取ることができます。男性保育士の割合は、まだまだ多いとは言えませんが、徐々に増加しており、その活躍が期待されています。

子供の成長を支える仕事

保育士は保育園や児童養護施設なとで、子供の成長や発達をサポートします。具体的には、服の脱ぎ着、食事やトイレなどの基本的な生活習慣を身に付けさせたり、集団生活の中で人との関わり方やルールなどを教育しますが、遊びを通して、子供たちの心や体が健康に育つように支えるのが、保育士の重要な仕事です。意外にも保育士は、0歳から18歳まで幅広い年齢を対象とします。つまり、あらゆる年齢の子供の成育に関する知識を持ち、それを活かして保育を行える人材が求められているのです。また、保育のプロとして保護者にアドバイスをするのも大切な役目です。保護者とも積極的にコミュニケーションをとり、子育てに関する相談に乗る必要があります。保育園の不足が問題となっていますが、安心して子育てのできる社会を実現するために、子供の成長を手助けする保育士は、今後もますます必要性が高まります。

保育士の求人を大阪で見つける人が増えているのは、それだけ魅力的な案件が揃っているからといえるでしょう。好条件を謳う求人が目立ちます。