Menu

英語の面接ってどうするの!外資系の就職方法

英語ができないと難しい外資系の会社

外資系の会社は日本国内にもあるので、工夫すれば就職するのは可能ですよね。ただ英語ができないと難しいので、事前に準備をしなければいけません。要求される英語の能力は高く、ビジネスで使えるレベルが必要です。

就職する場合は英語の能力が試されるので、書類の作り方や英会話の能力が調べられます。日本語では相手と会話できないケースもあるため、十分に学んでおくべきです。語学力があればそれだけ評価されるので、就職する時に有利になれます。

このタイプの会社では日本人以外の方もいて、英語でコミュニケーションがとれなければいけません。教科書で学べる英語ではなく、ネイティブレベルの会話能力が求められるので注意がいります。

面接で聞かれるポイント

就職する時は面接が行われますが、外資系の会社でも同じようにあります。ただ日本の会社とは違って、具体的な能力を問われるので注意をするべきでしょう。

日本の会社では今までの経歴などを、簡単に問われる場合が多いです。それに対して外資系の会社では、具体的にどのような仕事をしてきたのか聞かれます。明確に答えられないと落ちてしまいますから、自分の実績をアピールする工夫は必要です。

面接は基本的に英語で行われますけど、ある程度の語学力があれば対応は可能です。ただ専門分野の質問では特別な単語が使われるので、事前に調べておくべきでしょう。外資系の会社の面接は特徴があるので、どのように答えるか考えておかなければいけません。

外資系の転職を希望しているなら、まとめられている専門サイトがお勧めです。更新頻度も高いので最新の情報をチェックできます。